現在表示しているページ:
トップページの中の大阪大学腎移植グループの中の 提供者の医学的条件

提供者の医学的条件

提供者の医学的条件

  • 心身共に健康であること。
  • 血液型は適合しているのが望ましいが不適合でも多くの場合に移植可能。
  • 組織適合性抗原(HLA抗原)ができるだけ適合しているのが望ましい。適合していなくても提供は可能。
  • リンパ球交差試験(クロスマッチ)で陽性だと移植は出来ません。
  • 感染症が無いこと。
  • 癌などの悪性腫瘍がないか。あれば治癒していること。
  • 年齢が75歳以下。
  • 腎機能が良好であること。
  • 心疾患・糖尿病・高血圧・肝疾患などがある場合はその治療が優先とする。
心疾患・高血圧の場合
軽度で手術が可能と判断されれば腎臓の提供は不可能ではない。
糖尿病の場合
手術後腎臓が1個になることで糖尿病性腎症が発病する可能性があり十分に管理されている必要がある。
肝疾患の場合
治療が完治しており麻酔・手術による再発の危険が無く、肝疾患の原因がウイルスによる場合、その感染のリスクが無いこと。
このページの先頭へ