現在表示しているページ:
トップページの中の大阪大学腎移植グループの中の 生体腎移植と献腎移植

生体腎移植と献腎移植

生体腎移植の利点

  • 提供される腎臓の障害が少ない。
  • 移植腎の生着率(移植腎の働いている率)が高い。
  • 腎臓の提供者が現れるまでの待機の必要がない。
  • 十分な手術の準備ができる。

生体腎移植の問題点

  • 提供者の安全性(提供者への麻酔、摘出手術など)
  • 提供者も術前の検査および術後の定期的受診が必要。(1回/年 程度)

献腎移植の利点

  • 死後に腎臓が提供される為、提供者に負担がかからない。

献腎移植の問題点

  • 腎臓の生着率が生体腎移植よりも低い。(提供される腎臓の障害の程度による)
  • 提供者が見つかるまでの待機期間が極めて長い。(腎臓の提供が不足)
  • 提供者が見つかってからの緊急手術のため、手術の検査・準備が時間的に制限される。

献腎移植登録を希望される方は、日本臓器移植ネットワークのHP別窓で開く をご参照ください。

このページの先頭へ